「 本・映画・漫画 」一覧

【徒歩日本一周】26歳の思春期【誕生日】

【徒歩日本一周】26歳の思春期【誕生日】

今年は旅先で誕生日を迎えることになった。北海道は帯広にある「帯広リゾートホテル」という所の一室でこの文章を書いている。帯広にある友人宅に3日滞在した後、いざ釧路に向けて歩き始めた夜......

記事を読む

【死ぬまでに観ときたい映画】ヤング@ハート

【死ぬまでに観ときたい映画】ヤング@ハート

タイトルにもなっているが、この劇中の老人たちは年齢的には高齢でも、心は若いままだ。 それはきっと、このロックバンドに活力を注いでいるところが大きいのだと思う。 「お年寄......

記事を読む

【死ぬまでに観ときたい映画】シンドラーのリスト

【死ぬまでに観ときたい映画】シンドラーのリスト

この世には義務として視聴しなければならない映画というものが存在する。 シンドラーのリストもそんな作品の1つだと思う。 有名すぎる作品は、わざわざここで紹介せずともな感が......

記事を読む

【死ぬまでに読んどきたい漫画】さよならもいわずに

【死ぬまでに読んどきたい漫画】さよならもいわずに

どんなメディアや、どんなテーマを扱う作品であろうとも、 魂がこもっているものは、ユーザーの心に刺さる。 それが、この作品から学んだことだ。 本作は妻を失ったギャグ......

記事を読む

【死ぬまでに読んどきたい漫画】人間仮免中

【死ぬまでに読んどきたい漫画】人間仮免中

泣いた。そして読み終わったあと衝撃的すぎて、しばらく引きずった。 この漫画は著者の自叙伝的漫画なのでノンフィクションである。 で、簡単にこの漫画のあらすじ(著者のストー......

記事を読む

そもそも絶歌を読むべきか

そもそも絶歌を読むべきか

以下、自分の脳内整理のために書き綴ってみる。 ・読むべきではないという論拠 1 著者の自己正当化のための著書である →自己正当化の著書であるかどうかは、そ......

記事を読む

これからの「ウォッチメン」の話をしよう

これからの「ウォッチメン」の話をしよう

ウォッチメンというアラン・ムーア原作のアメコミ映画を2回観た。 本作はお腹のたれたリアリズム溢れる中年ヒーローが出てきたり、アラン・ムーアのファシズムへの皮肉や政治的描写が色......

記事を読む

【傑作】さよならタマちゃん

【傑作】さよならタマちゃん

また、素晴らしい漫画に出会ってしまった。 昨日「さよならタマちゃん」という漫画を読み終えた。 1巻完結だったのでさらっと読めたのだが、内容は深く心に残る......

記事を読む

起業家の業(カルマ)

起業家の業(カルマ)

最近、サイバーの藤田さんや、DeNAの南場さん、マザーハウスの山口さんとか、 タリーズの松田さん、元ハイパーネットの板倉さん、エスグラントの杉本さん・・・etc.など......

記事を読む

友がみな我よりえらく見える日は

友がみな我よりえらく見える日は

最近ドキュメンタリーなどの、一個人の人生の一部を垣間見ていて痛感するのが、 どんな人の人生であれ、突き詰めれば、つまらないものなどないということだ。 決......

記事を読む