NO IMAGE

保護中:

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード

記事を読む

NO IMAGE

その先を見たい、という気持ちが、僕にはもうない。

手紙を書きたいと久しぶりに思った。 誰に宛てるわけでもないのだけれども。 もし人生に賞味期限があるのだとすれば、僕のそれはもう終わっているのだと思う。 年齢を重ねれば人間とし......

記事を読む

旅は人生を変えない

旅は人生を変えない

旅人に対してちょっと辛辣なことを言う。 「あなたが見たその土地での印象は表面的なものにすぎない。」 たしかに全体的に見れば日本人はいい人が多いから、差し入れをもらったり、泊めて......

記事を読む

夜行バスに揺られるというただそれだけの体験をめちゃめちゃ小説のプロローグっぽく書いてみた結果がこちらです。

夜行バスに揺られるというただそれだけの体験をめちゃめちゃ小説のプロローグっぽく書いてみた結果がこちらです。

細長い筐体の中に4列で区切られたシートがある。一人また一人と、個体が筐体の中に流れ込む。僕はいつもこの箱の中に他の個体と詰められ、物理的に遠いどこかへと運ばれる。その様を俯瞰してみ......

記事を読む

アナニーをしなくなった

アナニーをしなくなった

のだ。 菊門のシワの数をまるで花びらの数を数えるように恋い焦がれ、紐解いていたのに。 これも歳のせいなのだろうか。 若いうちは好奇心と無根拠な自信だけでどこまでもぶっ刺し......

記事を読む

重松清の疾走を読んだので今日はもう何もできない

重松清の疾走を読んだので今日はもう何もできない

鼻の頭がツーンとして、何度もくしゃみが出そうになった。 涙をこらえる防衛本能だ。 小説が現代の隠喩として僕らに何かを教えてくれる案内人だとするなら、この物語の案内人は純粋す......

記事を読む

【黒歴史】断食中に意識が朦朧となって発狂して書いたポエム晒す

【黒歴史】断食中に意識が朦朧となって発狂して書いたポエム晒す

タイトル通りです。 いってみましょう。 ――――――――― 昨日ほどエネルギーの枯渇を感じない。お湯が非常に美味しく感じられる。 雨が降っている。すべてを洗い流してくれそう......

記事を読む

【断食】人は1週間何も食べないとどうなるのか【検証】

【断食】人は1週間何も食べないとどうなるのか【検証】

人生で初めて断食をした。 期間は1週間。(断食道場に3泊4日、自宅で3日) 水以外のどんなものも一切口にいれない。 あまりにシンプルなルールだがこんなマゾヒズムあふれる経......

記事を読む

小豆島お遍路に行ってきます

小豆島お遍路に行ってきます

前々から行きたかった小豆島のお遍路に行ってきます。 ここには個人的備忘録をば。 【行き方】 東京――小豆島間で最安の行き方は僕が調べた限りだと、 東京――神戸三宮まで夜......

記事を読む

NO IMAGE

死ぬ前に生きる

どうしようもなくしにたくなったとき。いろんな逃げ方がある。お酒に溺れるも、活字の海に溺れるも、映画を見て誰かの人生を疑似体験するも、なんでもいい、生きる。死ぬ前に、生きる。   ......

記事を読む