【徒歩日本一周】満月の夜【13日目】

スポンサーリンク

太平洋が近かったので早起きして朝日を拝みに行く。

おてんとさん今日も1日よろしくお願いします!

とは言ったものの結論から言うと今日はほぼ歩いていない。連日の曇天でたまりに貯まった洗濯物と泥だらけになったまま放置していたテントを洗って、ブログを書いていたらあっという間に15時になっていた。

選択を終えいざ歩き始めようとしたもののさすがに4日も風呂に入っていないと気持ちが悪い。この先の進行ルート沿いに銭湯がないか調べてはみたものの、しばらくないらしかった。

今日はどうしても風呂に入りたかったため、もういっそ今日はゆっくりする日にしよう!と決め、少し引き返し風呂屋に入る。

毎日たくさん歩いての4日ぶりの風呂は、冗談抜きに一種のオーガズムに近いところがある。やはりお風呂は人間に必要だ。

風呂屋の店員さんに基本的には貸していないんですが、日本一周しているなら、と有難くコンセントを貸して頂く。

更に「今なら絶対どんな大食いチャレンジも達成出来そうな気がするんですが、この辺にそれ系のお店ってあります?」という僕の突拍子もない質問に対しても 、嫌な顔せず懇切丁寧に調べてくれた。

するとこの辺りには大食いチャレンジ的なお店はないらしいが、友理本店というラーメン屋が安くて結構なボリュームのお店だと教えてもらい、そこに向かうことに。

受付の二人にお礼を言い風呂屋を出る。

風呂上がりの多幸感に包まれていたせいか、足取りは軽く、時速5キロくらいのペースで3キロ先の友理本店へ向かう。

お店に着くやいなや一種の躁状態かと見紛うほど、大将らしき人と注文もせずひたすらに喋り通してしまった。「何にする?」とも聞かずただ話を聞いてくれた大将に含蓄を感じる。

定番だというちゃんぽんを注文。

数分後、着どーーーん!!!

……めっちゃ多かった。いや昨日の朝すき家カレーを食ってから腹に何も入れていない僕としてはすごい嬉しい限りだったのけれど、それでもお腹がパンパンに膨れるくらいにはボリュームのあるちゃんぽんだった。

食後、お店の人にこの辺りで野宿が出来そうな場所がないか訊ねると、店員さんたちの間で会議が始まり、近くの公園を紹介して頂いた。

こういう旅をしていると、なかなかお腹がいっぱいになるという事が少ないのだが、今日は久しぶりにお腹いっぱいになれた。お風呂にも入れたし、コンセントも貸していただけたので充電も大丈夫だ。更に昼間洗濯も済ませてあるのであとは寝るだけだ。人間の基本的な営みをしているだけだけれど、前提条件が異なると、それだけでとても幸せな気持ちになる。

紹介してもらった公園は住宅街の近くにあり、広くて東屋もあったので野宿するには最適だった。

年甲斐もなくアスレチック的なサムシングに登って遊んでみたりもした。

テントを張ろうとしていたら近くにお住まいの方にビールとつまみをおすそ分けして頂き、その後に犬を散歩しに来た女性には野宿出来そうな公園情報を教えてもらい、更に今夜は満月だ。

ゆっくりできた一日だった。

明日から一歩ずつ前に進もう。

スポンサーリンク